HOME

冬の節電対策としょうがブーム

東日本大震災を境に、節電を心がける人もとても増えています。
今年の夏も朝顔やゴーヤといった、つる植物で日差しを防ぐ「グリーンカーテン」がブームになりましたが、同じように冬の節電にも、さまざまなアイデアが注目されて話題となっています。

たとえば、湯たんぽや携帯カイロの利用もその一つ。
特にカイロは従来のミニタイプや貼るタイプに加えて、今年はUSBで充電し、何度も利用できるカイロが販売されて、とても人気となっています。
また、女性や子供向けにかわいいカイロカバーも販売されており、若い人にはファッションアイテムとしても利用している傾向もあるようです。

また食べ物では、今年の冬は「しょうが」が注目されています。
しょうがは体を温める作用があるので、冷えを防ぐ効果もありますし、体を温めることで部屋の設定温度を低くできるメリットもあります。

実際、大手の食品メーカーではこの冬に合わせてしょうがを使った商品を次々と開発、販売して、今では積極的に宣伝もしています。
特にご飯のおかずとして、ふりかけのように食べられるしょうがやしょうが鍋は今年の冬にもブームとなりそうな予感。
同じように「食べるラー油」や「キムチ鍋」も体を温めるので、今年の冬は楽しむ人もきっと多い事でしょう。

またしょうがは食べるだけではなく、しょうが成分を入浴剤として利用したり、のど飴やしょうが湯を購入する人も増えています。

比較的値段も安く、体にもいいしょうがは、冬の節電対策としても十分に効果が期待できそうですね。

更新履歴(新着情報)

HOME